岸田首相が尹大統領と初対面 夕食会で3~4分会話

NATO首脳会議の出席者が参加した夕食会=28日、スペイン・マドリード(スペイン王室提供・ロイター=共同)
NATO首脳会議の出席者が参加した夕食会=28日、スペイン・マドリード(スペイン王室提供・ロイター=共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国大統領府は29日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するため、スペイン・マドリードを訪れている尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が現地時間の28日、スペイン国王主宰の夕食会で岸田文雄首相と3~4分ほど会話したと明らかにした。両首脳の対面は尹氏の5月の就任後初めて。

大統領府によると、岸田首相がまず声を掛け、尹氏の就任と韓国での今月1日の統一地方選での与党勝利を祝福。尹氏は来月10日の参院選での「良い結果をお祈りする」と応じた。続けて尹氏は「われわれは参院選が終わった後、韓日間の懸案を速やかに解決し、未来志向に向かう考えを持っている」と述べた。首相は「尹大統領が日韓関係のために努力されていることを存じている」とし、「日韓関係がより健全な関係に発展できるよう努力しよう」と呼び掛けたという。

両首脳は29日にバイデン米大統領を交えて日米韓首脳会談に臨み、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応策を協議する。日韓2国間の首脳会談は今回、見送られる見通しだ。

会員限定記事会員サービス詳細