必要量の100倍のモルヒネ投与し患者死亡 医師ら書類送検、警視庁

必要量の100倍に当たるモルヒネを誤って処方し、男性患者=当時(93)=を中毒死させたとして、警視庁は業務上過失致死容疑で「武蔵国分寺公園クリニック」(東京都国分寺市)の40代の医師と調剤薬局の60代の薬剤師の2人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。2人は容疑を認めているという。

捜査関係者によると、男性患者は昨年2月、クリニックの医師の訪問診療を受けた。その際に、医師がカルテに単位を誤って入力するなどして、必要量の100倍に当たるモルヒネを処方。薬剤師も確認せず、そのまま調剤を行ったとされる。

男性患者は1週間後にモルヒネ中毒で死亡した。

会員限定記事会員サービス詳細