体制変更の神戸、社長らが状況説明「もう1試合もむだにできない」

神戸が契約を解除したロティーナ監督=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)
神戸が契約を解除したロティーナ監督=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)

今季3度目の監督交代に踏み切ったサッカーJ1、神戸の千布勇気社長、永井秀樹スポーツダイレクター(SD)らが29日、オンラインで報道陣の取材に応じ「(J1残留に向けて)もう1試合も落とすに落とせない状況で、何が最善かを探っていく中で、監督交代にいたった」(永井SD)などとロティーナ氏との契約を解除し、OBで強化部スタッフの吉田孝行氏を後任指揮官に据える体制刷新の経緯を説明した。

千布社長は「非常に厳しい状況。ロティーナさんが構築した守備の資産を継続し、よりアグレッシブなサッカーをして残留をつかみとるべく体制を変えた。選手たちを良く知る吉田氏に力を貸してもらうことにした」と表明。近年、シーズン途中も含めて監督交代が相次いでいることについては「神戸はビッグクラブ。アジアナンバーワンも目指している。その中で、結果は常に求めていく。中長期の視点も必要だが、結果も常に求めないといけない。結果と成長の両方を追っていった結果かなと思う」とした上で「若手、ユース世代の育成に力を入れていくのは必要だと思う。取り組んでいく課題だと思う」とクラブとして今後、傾注すべきポイントを挙げた。

永井SDは今季のチームの目標について「一番はJ1残留。そこが一番大きいところ。その中でアジア・チャンピオンズリーグなど(タイトルの)可能性のあるところでも戦っていきたい」と話した。吉田氏は29日からチームの練習を指導。7月2日の鳥栖戦が初陣となる。


会員限定記事会員サービス詳細