トルコがフィンランド、スウェーデンNATO加盟支持で合意 反対から一転

28日、スペイン・マドリードで会談するフィンランド、スウェーデン、トルコの各首脳ら(トルコ大統領府提供・共同)
28日、スペイン・マドリードで会談するフィンランド、スウェーデン、トルコの各首脳ら(トルコ大統領府提供・共同)

【マドリード=板東和正】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は28日、スペインのマドリードで記者会見し、トルコが北欧フィンランドとスウェーデンの加盟を支持することで合意したと発表した。加盟に反対していたトルコが賛成に転じたことで、北欧2カ国の加盟の実現はほぼ確実となった。北欧2カ国の加盟により、NATOはバルト海における防衛能力を飛躍的に高める見通しだ。

トルコのエルドアン大統領と北欧2カ国の首脳は28日に会談し、加盟をめぐる問題について協議。ストルテンベルグ氏は会談後の会見で「フィンランドとスウェーデンのNATO加盟への道を開く合意が成立した」と表明した。

ウクライナに侵攻したロシアの脅威が高まる中、軍事的中立を掲げてきた北欧2カ国は安全保障政策を見直し、5月にNATOの加盟を申請した。トルコは北欧2カ国がトルコの少数民族クルド人の非合法武装組織「クルド労働者党」(PKK)など「テロ組織」に資金・武器を供与しているなどとして加盟に反対。NATO加盟には、加盟30カ国全ての同意が必要なため、北欧2カ国の加盟に向けた手続きが停滞していた。

北欧2カ国のNATO入りに反対する他の加盟国はないことから、英BBC放送は「(トルコの合意によって)最大の障害が取り除かれた」と報道。加盟国は29日から実質的な議論が始まるNATO首脳会議で北欧2カ国の加盟を歓迎し、加盟承認に向けた手続きに移行するとみられる。

北欧2カ国の加盟が実現すれば、NATOは戦略上重要なバルト海の大部分を取り囲み、強固な対ロシア包囲網を構築する。

ストルテンベルグ氏は28日、「フィンランドとスウェーデンを同盟に迎え入れることで、NATOはより強くなり、欧州・大西洋地域はさらに安全になる」と強調。ロシアの脅威を念頭に「この数十年で最大の安全保障上の危機に直面している今、(北欧2カ国の加盟は)極めて重要だ」との見方を示した。

トルコが反対姿勢を撤回したのは、北欧2カ国がトルコ側の懸念解消に応じたためだ。英メディアによると、トルコ、フィンランド、スウェーデンの3カ国は28日の協議でテロ対策に関する協力を強化する覚書に署名。北欧2カ国は、トルコへの武器禁輸措置を解除する方針も示した。

トルコは、同国が19年にクルド人の民兵組織掃討のためシリア北部に侵攻した後、北欧2カ国がトルコへの武器輸出を禁じたことも問題視していた。

トルコ、クルド・武器禁輸問題で譲歩勝ち取り姿勢転換

会員限定記事会員サービス詳細