2千回分の覚醒剤押収、密売容疑で山口組系組員逮捕 大阪

大阪府警が押収した覚醒剤や注射器、売上金など=大阪市中央区
大阪府警が押収した覚醒剤や注射器、売上金など=大阪市中央区

大量の覚醒剤を所持し、複数の男性に密売したなどとして、大阪府警薬物対策課は29日、覚醒剤取締法違反や麻薬特例法違反の疑いで、特定抗争指定暴力団山口組弘道会傘下組織組員、若林勝久容疑者(43)=大阪市平野区加美北=を逮捕、送検したと発表した。同課は認否を明らかにしていない。

同課によると、昨年摘発した覚醒剤の使用者や密売人の捜査を通じて若林容疑者が浮上。拠点のマンションや自宅から、覚醒剤約60グラムや売上金とみられる現金計約107万円、注射器251本を押収した。覚醒剤は約2千回の使用分に相当するといい、同課は密売ルートなどを調べる。

逮捕、送検容疑は今年4月25日、大阪市東住吉区駒川のマンションの一室で、覚醒剤約60グラム(末端価格約356万円)を密売目的で所持。また、昨年7月に覚醒剤8グラムを30代男性に20万円で、今年4月に覚醒剤1グラムを40代男性に3万円で、それぞれ販売したとしている。

会員限定記事会員サービス詳細