うその通報「捜査」で消防士停職3カ月

千葉県習志野市は29日、うその119番通報で店舗に出動した際、虚偽通報の〝犯人〟を突き止めようと、防犯カメラの映像を見るなどしたのは職務外の行為だったとして、市消防本部警防課の男性消防司令補(47)を停職3カ月とした。男性は「うその119番通報が頻発し、やめさせたかった。悪意はない」と説明。市は、その後の虚偽通報は激減したとしている。

市によると、男性は中央消防署に勤務していた2月14日、公衆電話からの119番通報で市内の店舗に出動した際、店側に求めて防犯カメラ映像を確認。通報したとみられる人物が写った場面を部下にスマートフォンで撮影させた。その後、この人物の関係先に行って映像を見せたという。

男性が上司に報告して発覚。市は「個人情報の扱いに注意するよう周知し、再発防止に努める」としている。

会員限定記事会員サービス詳細