ゼレンスキー大統領 ロシアを「テロリスト国家」と非難 国連安保理で

国連安全保障理事会でオンライン演説するウクライナのゼレンスキー大統領。手前はロシアのポリャンスキー国連次席大使=28日、米ニューヨーク(国連提供、共同)
国連安全保障理事会でオンライン演説するウクライナのゼレンスキー大統領。手前はロシアのポリャンスキー国連次席大使=28日、米ニューヨーク(国連提供、共同)

【ニューヨーク=平田雄介】国連安全保障理事会は28日、ウクライナ中部ポルタワ州クレメンチュクの商業施設が27日にロシア軍のミサイル攻撃を受け、民間人の死傷者が出たことをめぐり、緊急特別会合を開いた。ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオメッセージを寄せ、ロシアを「テロリスト国家だ。人類の敵だ」と激しく非難、国連総会や安保理での「ロシアの代表権を剥奪すべきだ」と主張した。

現地からの報道によると判明した死者は20人、負傷者は59人。なお40人以上の安否が不明で、犠牲者はさらに増える恐れがある。

ゼレンスキー氏は、ロシアは2月24日の侵攻開始以降「毎日ウクライナ人を殺戮(さつりく)している。世界のどこを探してもロシアのように人殺しを続ける国はない。人類の敵だ」と訴えた。また、国際法の下で「ロシアに裁きを受けさせるべきだ」と強調した。

演説を終える直前、ゼレンスキー氏の呼びかけで、会合の出席者が起立してウクライナの犠牲者に黙禱(もくとう)をささげた。ロシアのポリャンスキー国連次席大使も加わった。

会員限定記事会員サービス詳細