現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

6月29日

編集者が作家から受け取った原稿を出版社まで持ち帰る。大切な仕事にもかかわらず、しばしば事故が起こる。漫画家の故赤塚不二夫さんも被害者の一人だった。昭和48年、当時「週刊少年マガジン」に連載中の「天才バカボン」の担当編集者が、出来上がったばかりの原稿をタクシーの中に置き忘れる。

▼赤塚さんは編集者を叱るどころか飲みに誘った。酒場から帰って同じ原稿を仕上げ、「二度目だからもっと上手(うま)く書けた」と言って手渡した。住所を明記した封筒に入っていた原稿は、1週間後に郵送されてきた。娘の赤塚りえ子さんが著書『バカボンのパパよりバカなパパ』で紹介していた。

▼こちらの無くし物は、戻ってきたからといって一件落着とはいかない。兵庫県尼崎市の全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーの紛失という、前代未聞の騒動である。市から業務を委託された会社の協力会社の社員が持ち出し、居酒屋で泥酔した挙げ句、帰宅途中にメモリーの入ったカバンをなくした、との発表だった。無事に見つかりはした。

ランキング

  1. 【主張】「佐渡」の遺産登録 政府は不手際を猛省せよ

  2. 【主張】「放射能がうつる」いわれなき悪口で傷つけ…相次ぐ原発避難いじめ 差別と偏見許さぬ社会に

  3. 【主張】習政権の台湾白書 国際社会は危機意識持て

  4. 【産経抄】8月19日

  5. 【偏西風】侵攻半年 キーウからの留学生 隷属しない心 大切に育てる

  6. 【主張】中国の科学力 専制主義と切り離せない

  7. 【正論】平和のための軍事研究は必要だ 防衛大学校教授・神谷万丈

  8. 【iRONNA発】元少年Aの「性的サディズム」は本当に解消されたのか 立正大学文学部教授・小宮信夫

  9. 【一筆多論】APが報じたソ連の蛮行 岡部伸

  10. 【iRONNA発】朝日だけじゃない! 「反日地方紙」の正体

会員限定記事