「DXの取り組みを加速」 福岡県知事

次世代に向けた持続可能な街づくりを考える「デジタル×まちづくりシンポジウム」(YE DIGITAL主催、産経新聞社など後援)が28日、北九州市で開催された。

冒頭、「福岡県のDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略」と題し、服部誠太郎・同県知事が基調講演。「世界から選ばれる福岡県になるためにはデジタルを活用して①業務を見直す②働き方を変える③組織を変革する-DXを、企業と行政が連携しながら強力に進めていくことが大切」と指摘。「そのためにもデジタル人材を育てていくことが不可欠」と人材育成に今後一層力を入れていく意向を示した。

また、中山間地域振興を目的に同県東峰村に今月開所した先端的デジタル拠点「テレワークテラス宝珠」など同県内のDX推進の取り組み事例を紹介し、「県をあげてDXの取り組みを加速させていく」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細