一橋大入試流出で中国籍学生2人再逮捕 日本語の問題も不正

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

今年1月の一橋大(東京都国立市)の外国人留学生向け試験で数学の問題を外部に流出させたとして受験生だった中国籍の王嘉璐(かろ)容疑者(22)ら男2人が逮捕された事件で、警視庁国際犯罪対策課は29日、日本語の問題も流出させた偽計業務妨害容疑で、2人を再逮捕した。調べに、いずれも黙秘しているという。

ほかに再逮捕されたのは中国籍の大学院生、李歳寒(さいかん)容疑者(28)。国際犯罪対策課によると、受験生の王容疑者が超小型カメラで問題を撮影し、李容疑者のスマートフォンにライブ配信。小型イヤホンもつなぎ、李容疑者から解答を聞き取っていたとみられるという。王容疑者は合格し一橋大に入学していた。

再逮捕容疑は今年1月31日、共謀して一橋大の試験中に日本語科目の試験問題を動画撮影し、外部に流出させて大学の業務を妨害したとしている。

会員限定記事会員サービス詳細