高校バレー部顧問逮捕 傷害容疑、女子顔にボール

千葉県警本部=千葉市中央区
千葉県警本部=千葉市中央区

千葉県立松戸高校(松戸市)の女子バレーボール部員の顔にボールを投げつけ、けがを負わせたとして、県警松戸署は29日、傷害の疑いで東京都港区南青山、同校教諭、国安鉄太郎容疑者(50)を逮捕した。容疑を一部否認している。

国安容疑者はバレーボール部の顧問。逮捕容疑は、5月2日午前8時15分ごろ、同校の体育館で、女子部員の顔面にバレーボールを複数回投げつけ、全治1週間のけがをさせたとしている。当時は朝の部活動中だった。保護者が署に相談し、部員本人が被害届を出した。県教育委員会は、ボールをぶつけた行為が体罰に当たるとして、国安容疑者を22日付で戒告の懲戒処分にしていた。

国安容疑者は県立高校を率いて全国大会に複数回出場した実績があり、県内屈指のバレーボール指導者として知られている。

会員限定記事会員サービス詳細