「風俗店でない」はずが…性的サービス提供容疑 責任者ら12人逮捕

摘発されたメンズエステ店ホームページのスクリーンショット
摘発されたメンズエステ店ホームページのスクリーンショット

大阪市内のマンションの一室で違法に性的サービスをさせたとして、大阪府警生活安全特別捜査隊は29日、風営法違反(禁止地域営業)の疑いで、メンズエステ店「GoodSpa」と「NILSSPA(ニルススパ)」を経営するグループの営業責任者、羽生(はぶ)直人容疑者(36)=大阪市浪速区敷津西=と、従業員の男11人を逮捕したと発表した。同隊はいずれの認否も明らかにしていない。

逮捕容疑は共謀し、4~5月、店舗型性風俗店の営業が禁止されている大阪市中央区や天王寺区のマンションの一室で、女性従業員に性的サービスをさせたとしている。

同隊によると、グループが経営する2店は、大阪市内のマンションで女性がマッサージをするなどとうたい、市内の複数のマンションに少なくとも計31部屋を借りていた。部屋の詳しい住所は公表せず、予約した客にだけ電話や無料通信アプリで伝えていたという。

店のホームページには「風俗店ではない」と明記されていたが、同隊はグループが従業員に指示し、日常的に性的サービスを提供させていたとみている。

同隊によると、店は女性従業員に「シルバー」「ゴールド」「レジェンド」など人気に応じて千~5千円の指名料を設定。女性従業員が薄着で対応するなどの有料の「オプション」もあったという。

別事件の捜査で性的サービスを提供している疑いが浮上。28日に12人を逮捕し、店が使っていたマンションなどを家宅捜索した。

会員限定記事会員サービス詳細