現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

中国論がもたらす日本国内分断 文化人類学者、静岡大学教授・楊海英

静岡大学の楊海英教授
静岡大学の楊海英教授

中国を語るほど、危険なことは日本にない。私は、日本で中国について語る際の危険性は3つある、と認識している。

3方面からの圧力

第一は、日本社会からの圧力である。メディアと学界において、中国について語る際、必ずといっていいほど媚中(びちゅう)派か嫌中派かと勝手に色眼鏡で以(もっ)て判断される。冷静な知中派は歓迎されないし、そう標榜(ひょうぼう)したら「人気」も堕(お)ちるとみられる。こうした雰囲気自体が一種の危険な思想で、平和な風土を破壊する力ともなりつつある。

ランキング

  1. 【正論】77年前の苦い歴史と国守る使命 ジャーナリスト・井上和彦

  2. 【政界 十六夜】最大派閥の異変 どう向き合う 石井聡 

  3. 【緯度経度】米の強固な対中コンセンサス 古森義久

  4. 【主張】4州「併合」 厳寒の対露反攻を支えよ

  5. 【産経抄】10月7日

  6. 【主張】安保理と北朝鮮 専制大国の擁護を許すな

  7. 【正論】杉原千畝は有名なのに…樋口季一郎中将はなぜ忘却されたのか 新潟県立大学教授・袴田茂樹

  8. 【主張】入国制限の撤廃 訪日客拡大で景気刺激を

  9. 【主張】ルビーロマン 「本家」の知的財産を守れ

  10. 【緯度経度】「日本を前に、いつも小さくなる韓国」 黒田勝弘

会員限定記事