現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

中国論がもたらす日本国内分断 文化人類学者、静岡大学教授・楊海英

静岡大学の楊海英教授
静岡大学の楊海英教授

中国を語るほど、危険なことは日本にない。私は、日本で中国について語る際の危険性は3つある、と認識している。

3方面からの圧力

第一は、日本社会からの圧力である。メディアと学界において、中国について語る際、必ずといっていいほど媚中(びちゅう)派か嫌中派かと勝手に色眼鏡で以(もっ)て判断される。冷静な知中派は歓迎されないし、そう標榜(ひょうぼう)したら「人気」も堕(お)ちるとみられる。こうした雰囲気自体が一種の危険な思想で、平和な風土を破壊する力ともなりつつある。

ランキング

  1. 【産経抄】8月19日

  2. 【佐藤優の世界裏舞台】「政治と宗教」非難の結末

  3. 【石平のChina Watch】世界を巻き込む台湾有事

  4. 【産経抄】8月18日

  5. 【主張】習政権の台湾白書 国際社会は危機意識持て

  6. 【正論】平和のための軍事研究は必要だ 防衛大学校教授・神谷万丈

  7. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 英霊の嘆きが聞こえてくるで

  8. 【浪速風】霊感商法、今こそ根絶を

  9. 【主張】NHK党の反論 サラリーマンをなめるな

  10. 【主張】五輪元理事の逮捕 不正の構図の解明を急げ

会員限定記事