死体遺棄疑いの男性不起訴 北海道伊達市

札幌地検室蘭支部は28日までに、北海道伊達市の自宅で同居していた姉(62)の遺体を放置したとして、死体遺棄容疑で逮捕された職業不詳の男性(59)を不起訴処分とした。27日付。理由を明らかにしていない。

6日夜、男性宅を訪れた市職員から「住人と連絡が取れない」と伊達署に通報があり、駆け付けた署員が男性の姉の遺体を発見した。司法解剖の結果、病死だった。

会員限定記事会員サービス詳細