「ホワイトハッカーになりたい」NHK寄付サイトを妨害 容疑で専門学生逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

NHK厚生文化事業団のサイトに架空のクレジットカード情報を3万回以上入力して業務を妨害したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、偽計業務妨害の疑いで、札幌市豊平区中の島2条の専門学校生、大坂良広容疑者(21)を逮捕した。調べに対し、「やっていない」と否認しているという。

逮捕容疑は、昨年8月20~23日、NHK厚生文化事業団のサイトの寄付フォームに、3万4541回にわたり架空のクレジットカード番号や偽名などを入力して申請し、業務を妨害したとしている。

事業団は昨年8月23日~10月末、フォームの運用を停止したほか、決済代行会社との間で手数料約57万円が発生し、損害を受けた。

サイバー犯罪対策課によると、大坂容疑者は「ホワイトハッカーになりたい」と話し、専門学校でプログラミングなどを学んでいた。犯行には、同じマンションの上下や近くの部屋のWi―Fi(ワイファイ)のパスワードを解析して使用していた。

寄付フォームに架空のクレジットカード番号を入力させるプログラムを自ら作成していたとみている。他にも十数の寄付サイトに同様の攻撃をしていたとみて、調べている。

会員限定記事会員サービス詳細