ロシアデフォルト状態 鈴木財務相「影響は限定的」

鈴木俊一財務相(共同)
鈴木俊一財務相(共同)

鈴木俊一財務相は28日の閣議後記者会見で、ロシア国債がデフォルト(債務不履行)を起こしたと海外メディアが報じていることについて、「日本の投資家に及ぼす直接的な損失は限定的だと承知している」と述べた。

鈴木氏は「額の影響について現時点で確たることを申し上げるのは困難」としつつ、「日本の対外債権投資全体に占める、ロシア向けの投資の割合は限定的」だと説明した。また、「引き続き緊張感を持って、ロシア側の対応や、市場の動向、経済状況を注視する」とも述べた。

複数の欧米メディアは27日までに、ロシアの外貨建て国債がデフォルト(債務不履行)に陥ったと相次いで報じた。ウクライナ侵攻により欧米が経済制裁を科したことで、猶予期間が終わる26日夜までに利息を支払えなかった。ロシアの対外債務不履行はロシア革命直後の1918年以来、約1世紀ぶり。

会員限定記事会員サービス詳細