JFL鈴鹿の準加盟資格を剥奪 来季のJ3昇格は不可

Jリーグは28日、理事会を開き、日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿から、リーグ準加盟に相当する「百年構想クラブ」の資格を剥奪した。鈴鹿は来季J3昇格の可能性がなくなった。11月末までに再申請して資格を回復し、2024年以降のJ3昇格を目指すことになった。

鈴鹿では2020年シーズンにクラブ幹部による意図的な敗退行為の指示があり、ことし2月にガバナンス(組織統治)改善などを解除条件とした資格停止処分を受けていた。

元日本代表の三浦知良が所属する鈴鹿は準加盟資格回復に向け、オーナーが株式を譲渡して経営に関わらない意向を表明。監督兼ゼネラルマネジャーの三浦泰年氏を運営会社の代表取締役とする体制刷新人事を27日に発表していた。しかし、新株主が決まらず、新体制でのガバナンス改善も不透明なことなどから、Jリーグは資格回復は時期尚早と判断した。

会員限定記事会員サービス詳細