東芝の株主総会、取締役13人の選任案を可決 「物言う株主」幹部2人含む

東芝株主総会の会場に入る株主ら=28日午前、東京都新宿区(松井英幸撮影)
東芝株主総会の会場に入る株主ら=28日午前、東京都新宿区(松井英幸撮影)

東芝は28日、東京都新宿区で定時株主総会を開いた。取締役13人を選任する議案は、過半数の賛成を得て可決された。13人の中には、新任の社外取締役として「物言う株主(アクティビスト)」の海外投資ファンド幹部2人が含まれ、現職の社外取の1人が2人の起用に反対意見を表明していた経緯があり、承認の可否が焦点となっていた。

海外投資ファンド幹部2人は、米ファラロン・キャピタル・マネジメント幹部の今井英次郎氏と、米エリオット・マネジメント幹部のナビール・バンジー氏。

2人の起用については、社外取の一人である綿引万里子氏(元名古屋高裁長官)が今月上旬に「取締役会の多様性や公平性、バランスを欠いている」などと反対意見を表明していた。

東芝、取締役人事案の可否焦点

会員限定記事会員サービス詳細