片岡仁左衛門さん、復帰予定の七月大歌舞伎を当面休演

片岡仁左衛門さん=東京都千代田区(酒巻俊介撮影)
片岡仁左衛門さん=東京都千代田区(酒巻俊介撮影)

松竹は28日、大阪松竹座で7月3日に開幕する「七月大歌舞伎」に出演予定だった歌舞伎俳優の人間国宝、片岡仁左衛門さん(78)が体調不良のため、初日から当面の間、休演すると発表した。

仁左衛門さんは5月に帯状疱疹(たいじょうほうしん)を発症し、6月の東京・歌舞伎座を休演。「七月大歌舞伎」から復帰する予定だった。仁左衛門さんが演じる「堀川波(ほりかわなみ)の鼓(つづみ)」の小倉彦九郎役は、中村勘九郎さんが勤める。

仁左衛門さんは松竹を通じて、「体調不良により、回復につとめておりましたが、いまだ万全とは言い難く、誠に残念ではございますが、当面の間休演させていただくこととなりました。皆さまにはご迷惑、ご心配をおかけし、申し訳ございませんが、公演期間中には復帰できるよう、体調を整えてまいりますので、なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます」とするコメントを発表した。

会員限定記事会員サービス詳細