現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

「ここで学びたい」存続への熱い思い 大阪市立文の里中学校夜間学級㊤

顕微鏡、ビーカー、スライドガラス…。ワクワクする理科室で集中力も高まる(柿平博文撮影)
顕微鏡、ビーカー、スライドガラス…。ワクワクする理科室で集中力も高まる(柿平博文撮影)

「ここは理科室という教室です。今日は顕微鏡を使います。小さいものが大きく見える道具です」

5月中旬、大阪市立文の里中学校夜間学級の竹田誓子先生(55)は、実験器具が並ぶ理科室で中国人の生徒3人にゆっくりと話しかけた。昨年9月に入学した王艶萍さん(54)が、日本語を学び始めたばかりの新入生二人に先生の言葉を翻訳して伝える。

名前が書かれた札を赤から白に。登校の証し(柿平博文撮影)
名前が書かれた札を赤から白に。登校の証し(柿平博文撮影)

ランキング

  1. 遺失物133件を警察に届けず 千葉県循環器病センター

  2. 樋口季一郎陸軍中将の銅像、淡路島の伊弉諾神宮に建立へ

  3. 小池知事肝いり太陽光パネル義務化 不安ないか

  4. 京都聖母学院中Ⅴ 中学校ダンス部選手権

  5. 古墳時代初頭に中型犬、大陸から渡来か 奈良・纒向遺跡の骨

  6. はやぶさ2の砂粒、有機物守る「ゆりかご」構造発見

  7. 【医心伝診】完治・延命できる大腸がん 積極治療が有効

  8. 「自然の驚異」高さ30メートルの水柱 北海道

  9. 玉音放送後に散った「最後の特攻」 海軍中将が示した覚悟

  10. 【びっくりサイエンス】コロナ対策24時間換気システムの落とし穴

会員限定記事