岸田首相「露大統領の主張は偽り」 G7サミット

【エルマウ(ドイツ南部)=田村龍彦】岸田文雄首相は27日午後(日本時間同日深夜)、ドイツ南部エルマウで開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)の2日目の会合で、食料安全保障に関し、「世界の食料危機はG7の制裁が原因であるというロシアのプーチン大統領の主張はまったくの偽りだ」と主張した。

首相は食料安保やジェンダー平等がテーマの会合に出席し、「ロシアによるウクライナ侵略を終わらせることこそが食料危機解決に向けて必要なことだ」と訴えた。

同時に、食料危機に直面している途上国などに具体的な支援を行い、連帯を示すことが必要だと強調した。

改めてウクライナの穀物貯蔵能力の強化や中東・アフリカ諸国への食料支援に向け、約2億ドル(約270億円)の拠出を表明した。

会員限定記事会員サービス詳細