電車内で女性の胸触る 厚労省キャリア官僚を書類送検

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区

電車内で女性の胸を触ったとして、警視庁は28日、東京都迷惑防止条例違反の疑いで、厚生労働省の20代キャリア官僚の男を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。男は任意の聴取に対し、容疑を認めているという。

捜査関係者によると、書類送検されたのは厚労省年金局企業年金・個人年金課の男。

書類送検容疑は、4月25日午前7時半ごろ、東京都文京区を走行中の地下鉄車内で、10代女性の胸を触ったとしている。

男は出勤途中とみられ、別の乗客の男性が声をかけたところ痴漢行為を認め、駅員に引き渡したという。

厚労省は「事実関係の把握に努めており、非違行為が明らかになれば厳正に対処していきたい」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細