2度の本塁憤死、4番はブレーキ 拙攻続きでオリ連敗

【楽天-オリックス】オリックスの杉本は八回の同点機で三振に倒れ、浮かぬ顔=ほっともっとフィールド神戸(薩摩嘉克撮影)
【楽天-オリックス】オリックスの杉本は八回の同点機で三振に倒れ、浮かぬ顔=ほっともっとフィールド神戸(薩摩嘉克撮影)

28日の楽天戦に敗れたオリックスは、4連勝の後の連敗で借金が3に。安打数では相手を上回りながらも本塁が遠く、イライラが募る試合となった。

二回先頭の杉本から6者連続三振を喫するなど、楽天先発の則本に力で抑え込まれたが、五回以降は毎回走者を出した。しかし、五回2死一、二塁と七回2死二塁では、若月が安打を放ったものの、いずれも二塁走者が本塁憤死と拙攻の連続。

2点を追う八回に1点を返し、則本をマウンドから引きずり下ろしたが、1死三塁から吉田正は二ゴロ。杉本は空振り三振に倒れ、絶好の同点機を逃した。

交流戦首位打者だった杉本はこの試合3三振で19打席ノーヒット。中嶋監督は「また強引さが見えてきた」と心配そうだった。

会員限定記事会員サービス詳細