グーグル、環境型社屋公開 地熱で冷暖房、雨水も利用

米グーグルが建設した環境配慮型新社屋の内部=27日、米カリフォルニア州マウンテンビュー(共同)
米グーグルが建設した環境配慮型新社屋の内部=27日、米カリフォルニア州マウンテンビュー(共同)

米グーグルは27日、カリフォルニア州マウンテンビューに建設した環境配慮型の新社屋を報道陣に公開した。屋根に太陽光パネルを竜のうろこのように敷き詰め、北米最大級の地熱を活用した冷暖房システムを備えた。雨水を集めて、施設内で使う飲み水以外の全ての水を自前で賄う。

グーグルは2030年までに世界中の施設を脱炭素で運営する計画を掲げており、新社屋でも環境重視の姿勢を打ち出した。

太陽光パネルを屋根に敷き詰めた米グーグルの新社屋=27日、米カリフォルニア州マウンテンビュー(共同)
太陽光パネルを屋根に敷き詰めた米グーグルの新社屋=27日、米カリフォルニア州マウンテンビュー(共同)

「ベイビューキャンパス」と名付けられ、広大な敷地にイベント会場1棟とオフィス2棟が立つ。本格稼働後には広告部門の社員など約4千人が勤務することを想定。近くの風力発電も活用し、使用電力の90%が再生可能エネルギー由来となる。幕が張られたような高い天井で外光を取り入れやすくし、どの机からも外が見えるようにした。(共同)


会員限定記事会員サービス詳細