児童ポルノ販売疑い 54歳会社員を逮捕

児童ポルノを販売したなどとして、神奈川県警少年捜査課は28日、児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで、同県愛川町中津の会社員、川名正克容疑者(54)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は令和2年3月21日ごろから昨年1月17日ごろまでの間、6回にわたってオークションサイトを通じて男性5人に児童ポルノであるDVD計6枚を530円から2500円で販売したうえ、同年3月4日、販売目的で自宅のパソコン内に児童ポルノの動画データ4点を所持したなどとしている。

同課によると、川名容疑者はオークションで「ロリ娘」「ウブな素人」「蔵出し」などのキーワードを使って児童ポルノを出品していた。これまでに300万円近くを売り上げていたなどとも供述しており、全国で53人がDVDを落札していたことが確認されている。同県警を含めて北海道から沖縄県まで17の警察が捜査に携わったという。

会員限定記事会員サービス詳細