元巡査部長に懲役3年判決 岩手、勾留女性わいせつ

警察署の留置場で勾留中の女性にわいせつな行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐の罪に問われた岩手県警の元巡査部長、阿部武蔵被告(35)=懲戒免職=に、盛岡地裁(中島真一郎裁判長)は28日、懲役3年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。

起訴状によると、留置管理担当だった被告は昨年11~12月、奥州署で勾留されていた女性に複数回わいせつな行為をしたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細