京都・五山送り火 今夏は3年ぶり通常通り

令和元年の五山送り火でともされた「大」の文字 =京都市北区
令和元年の五山送り火でともされた「大」の文字 =京都市北区

京都で毎年8月16日夜に行われる伝統行事「五山送り火」の主催団体は28日、今夏の送り火は3年ぶりに通常通りに行うと発表した。令和2、3年は新型コロナウイルス対策で見物客の密集を避けるため、6つある文字や形1つ当たりの点火箇所を削減して実施していた。

主催団体「京都五山送り火連合会」によると、送り火は、お盆に現世に帰ってきた先祖の霊を送り出す行事。京都市街を囲む山で松などを燃やして「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の文字や形を浮かび上がらせる。

「大」の字の場合、2、3年は中心と文字端だけに火を付け、はっきりと見えないようにしていた。

会員限定記事会員サービス詳細