大谷は3打数1安打、1盗塁 2試合ぶりのヒット

ホワイトソックス戦の3回、右前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
ホワイトソックス戦の3回、右前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は27日、アナハイムでのホワイトソックス戦に「3番・指名打者」で先発出場。3打数1安打、2三振1敬遠四球で打率2割6分。

相手先発はこれまで2本塁打をマークしている右腕ジオリト。一回1死二塁での先制機の第1打席はチェンジアップに空振り三振。三回1死走者なしの第2打席はスライダーを捉えて右前打を放ち、2試合ぶりのヒット。五回2死走者なしの第3打席は投球術に対応できず空振りの3球三振。4-3と逆転した直後の七回2死二塁での第4打席は2番手右腕ロペスに申告敬遠。ダブルスチールで今季8個目の盗塁を決めた。

チームは4-3で接戦を制し、2連勝。前日26日のマリナーズ戦での大乱闘で監督、選手、スタッフら9人が処分を受けた。ネビン監督代行は10試合の出場停止となり、モンゴメリー・ベンチコーチが代わりに指揮を執った。守護神イグレシアスも2試合出場停止処分を受けたが、異議を申し立てたため、確定するまで出場可能で、九回を締めた。

会員限定記事会員サービス詳細