スマホと連動、矢印表示 うめきた駅の最先端案内板を公開

うめきたの駅に導入予定のデジタル案内板のデモンストレーション。目的地と進行方向が専用の模様に囲まれて表示される
うめきたの駅に導入予定のデジタル案内板のデモンストレーション。目的地と進行方向が専用の模様に囲まれて表示される

JR西日本は27日、大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」で来春開業予定の地下駅(大阪駅の一部)に導入する新たなデジタル案内板を公開した。スマートフォンのアプリと連動させることで、利用者の目的地に応じて表示内容が変わるため、歩きスマホの抑制も期待される。

JR西によると、改札周辺など5カ所に設置予定のデジタル案内板に近づくと、アプリであらかじめ設定した自身の目的地と進行方向を示す矢印が表示される。目的地はアプリの対応範囲内で任意で設定できる。

JR西は、うめきたの駅を最先端技術を積極的に活用する実験場にする方針を示している。ホームには、あらゆる車種や編成に対応できるフルスクリーンタイプの新型ホームドアも世界で初めて設置する。

会員限定記事会員サービス詳細