大阪府知事立候補せず 次の関西広域連合長選

大阪府の吉村洋文知事
大阪府の吉村洋文知事

大阪府の吉村洋文知事は27日、11~12月に見込まれる近畿2府4県と鳥取、徳島両県などでつくる関西広域連合の次期連合長選挙に立候補しない意向を表明した。知事や日本維新の会副代表、政治団体・大阪維新の会代表としての役割に「注力したい」と府庁で記者団に述べた。

現連合長の仁坂吉伸・和歌山県知事は12月の任期満了に伴う知事選に立候補しない意向を示しており、連合長も退任となる見通し。関西広域連合は、現連合長の任期が満了する12月3日までの30日以内に構成自治体の首長の中から後任を選出する。

吉村氏は、大阪や関西を首都機能のバックアップを担う拠点とする「副首都化」の実現に向けて「大阪が中心で頑張るが、関西全体で目指すことが必要だ」と強調し、次期連合長と連携して取り組む考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細