最速梅雨明け 北蛇行の偏西風影響 7月も猛暑

関東甲信、東海、九州南部で27日、異例の早さでの梅雨明け発表となったのは、平年よりも早く太平洋高気圧が北に張り出したため梅雨前線が列島の北に押し上げられ、本州以南が暖かい空気に覆われ続けたことが原因とみられる。気象庁によると、7月以降も暑い日は続く見込みだ。

気象庁によると、ここ数日の暑さをもたらしたのは、日本列島の上空付近を西から東に流れる偏西風だ。6月の偏西風は例年なら本州付近を通り、太平洋高気圧が梅雨前線を北海道付近まで北に押し上げるのをとどめ、梅雨を続かせる。

一方、今年は6月時点で偏西風が北海道付近に大きく北に蛇行した。太平洋高気圧が本州北部まで張り出せるようになり、梅雨前線が平年より早く列島の北まで押し上げられたことで、梅雨明けが早まったとみられる。本州周辺は暖かい空気を伴う高気圧に覆われたため、各地の気温も上昇したという。

猛暑は7月以降も続く見込みだ。南米ペルー沖での海面水温が平年より低い状態が続くことで世界的な気候変動をもたらす「ラニーニャ現象」の影響が強まるためだ。

気象庁によると、ラニーニャ現象が発生すると、大陸側から日本列島の西側に伸びるチベット高気圧も平年より北に張り出し、偏西風が北に寄る。暖かい空気を伴う太平洋高気圧とチベット高気圧の両方が北に張り出して日本列島を包み込むことで、引き続き気温が上昇しやすくなるという。

気象情報会社「ウェザーニューズ」によると、太平洋高気圧とチベット高気圧の北への張り出しのピークは7月後半と8月後半。担当者はそのころに「両方の高気圧が重なって『ダブル高気圧』となり、暑さのピークも来る」と予想している。(吉沢智美)

会員限定記事会員サービス詳細