阿武隈急行、全線再開 震度6強で被災3カ月ぶり

阿武隈急行が全線再開され、福島学院前駅で車両を出迎える学生ら=27日午前、福島市
阿武隈急行が全線再開され、福島学院前駅で車両を出迎える学生ら=27日午前、福島市

宮城、福島両県で最大震度6強を観測した3月16日の地震で被災した第三セクター鉄道、阿武隈急行(福島県伊達市)は27日、不通だった福島(福島市)―保原(伊達市)間12・8キロの運転を再開した。約3カ月ぶりの全線運行となった。臨時ダイヤで運行し、7月4日から通常ダイヤに戻す。

再開区間にある福島学院前駅(福島市)では、福島学院大の学生や復旧に携わった工事関係者が運転再開を祝う横断幕やのぼりを持ち、手を振りながら電車を出迎えた。

福島―槻木(宮城県柴田町)間の54・9キロを結ぶ阿武隈急行線は、3月の地震でホームに段差ができたり、線路が波打ったりして全線運休。4月18日以降、運行区間を順次広げてきた。

会員限定記事会員サービス詳細