ロシア国債「デフォルト」 利払い期限終了、米報道 1世紀ぶり

ロシア財務省のビル=2021年3月、モスクワ(ロイター=共同)
ロシア財務省のビル=2021年3月、モスクワ(ロイター=共同)

米ブルームバーグ通信は26日、ロシアの外貨建て国債の利払い猶予期間が終わり、デフォルト(債務不履行)に陥ったと報じた。ロシアの対外債務不履行はロシア革命直後の1918年以来、約1世紀ぶり。

この国債は5月27日に計約1億ドル(約135億円)の支払期限を迎えた。ロシアは利息を支払ったと発表したが、ロシアのウクライナ侵攻を受けて欧米が科した経済制裁の影響で猶予期間が終わる6月26日夜までに国債保有者に届かず、債務不履行と見なされた。

今回の債務不履行は、経済制裁の象徴的な意味合いが大きい。ロシアの金融システムは制裁によって既に世界から切り離されており、実体経済に与える影響は限られる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細