井上尚、最強の称号に「満足」 4団体統一後は「王者同士の対戦」狙う

日本外国特派員協会で会見する井上尚弥=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)
日本外国特派員協会で会見する井上尚弥=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)

ボクシングで日本人初の世界3団体統一王者となったバンタム級の井上尚弥(大橋)が27日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で会見し、米専門誌「ザ・リング」選定の全階級を通じた最強ランキング「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で日本人初の1位に輝いたことについて「すごく満足する結果。この先はPFP1位にふさわしい試合をこなしていきたい」と誇らしげに語った。

井上尚は7日に世界5階級制覇の実績があるノニト・ドネア(フィリピン)を2回TKOで下し、3団体統一に成功した。デビュー以来23戦全勝(20KO)の29歳は、中・重量級からの選出が多いPFP1位に軽量級から選ばれた背景について、「プロボクサーとして高いチケットを買って、来てくれるお客さんを満足させたい。山場をつくって倒すことを意識しながら闘っている。その結果、倒すボクシングが評価され、このランキングに入っていけたのではないか」と語った。

年内の実現を切望する4団体統一戦に向けた交渉に関しては、所属ジムの大橋秀行会長から「流れはいい」と伝えられているという。その後は1階級上のスーパーバンタム級挑戦を見据えており、現在ともに2団体を統一しているムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)とスティーブン・フルトン(米国)が王座統一戦を行うことを前提に「4団体王者同士が闘うのが理想」と述べた。

以前から35歳を現役生活の区切りに設定しており、「無敗でゴールが理想だが、ボクシングはそんなに甘くない。階級を上げていけば壁にぶち当たることも出てくると思う。『ボクシングをやってよかった』と思える35歳であれば満足」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細