持続化給付金100万円詐取か 容疑の国税職員の男を再逮捕

塚本晃平被告(左)
塚本晃平被告(左)

国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、東京国税局職員らのグループが摘発された事件で、警視庁少年事件課は27日、詐欺容疑で、東京国税局職員の塚本晃平被告(24)=別の詐欺罪で起訴=を再逮捕した。調べに対し、黙秘している。塚本容疑者は虚偽の確定申告書の作成を担当していたとみられるという。

再逮捕容疑は共謀して、令和2年7月ごろ、東京都清瀬市の当時19歳のアルバイトの男(21)を個人投資家と装い、持続化給付金100万円をだまし取ったとしている。

少年事件課は、グループが大学生ら約200人を申請名義人に勧誘し、総額約2億円の持続化給付金を詐取していたとみている。

会員限定記事会員サービス詳細