路線バスが女性はね重体 運転手を逮捕 広島

 広島県警府中署は27日、運転していた路線バスで広島県府中市府中町の無職女性(86)に接触したとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、中国バス(同県福山市)の男性社員(63)=福山市向陽町=を現行犯逮捕した。その後に釈放、任意で捜査を進める。同署によると容疑を認めている。

 逮捕容疑は午後2時ごろ、府中市府川町の国道486号の交差点で、横断歩道を渡っていた女性に衝突し、けがをさせたとしている。女性は意識不明の重体で福山市内の病院に搬送された。乗客3人にけがはなかった。同署は詳しい事故原因を調べる。

 現場は府中市役所から北西約200㍍の信号のある交差点。


会員限定記事会員サービス詳細