畑岡5位、田仁智が優勝 全米女子プロゴルフ最終日

最終ラウンド、11番でティーショットを放つ畑岡奈紗。通算1アンダーで5位=コングレッショナルCC(共同)
最終ラウンド、11番でティーショットを放つ畑岡奈紗。通算1アンダーで5位=コングレッショナルCC(共同)

女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は26日、メリーランド州ベセスダのコングレッショナルCC(パー72)で最終ラウンドが行われ、35位から出た畑岡奈紗は4バーディー、1ボギーの69をマークし、通算1アンダーの287で5位に入った。トップと4打差。

12位からスタートの笹生優花は2バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの77と崩れ、72の西郷真央とともに通算4オーバーの30位だった。

初日から首位の田仁智(韓国)が75で回って通算5アンダーで逃げ切り、メジャー3勝目、ツアー通算4勝目を完全優勝で果たした。賞金135万ドル(約1億8200万円)を獲得。1打差の2位はレキシー・トンプソン(米国)とミンジ・リー(オーストラリア)だった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細