フォト特集

梅雨明け「節電の夏」 東電管内に注意報

電力需給逼迫注意報を受け、テレビの電源を落として営業する家電量販店=27日午後、東京都品川区のヤマダデンキLABI品川大井町(松井英幸撮影)
電力需給逼迫注意報を受け、テレビの電源を落として営業する家電量販店=27日午後、東京都品川区のヤマダデンキLABI品川大井町(松井英幸撮影)

経済産業省は27日、記録的な猛暑に伴って冷房需要が高まり、28日も東京電力管内の電力需給が厳しくなる恐れがあるとして、「電力需給逼迫注意報」を継続すると発表した。電力の供給余力を示す予備率が5%を下回る見通しとなった。27日は、需給が想定より緩和し、乗り切った。太陽光発電の出力が高まったことと、電力需要が想定を下回ったためで、節電協力も要因の一つとみられる。

節電のため、照明が落とされた経産省の庁舎内=27日午後3時8分
節電のため、照明が落とされた経産省の庁舎内=27日午後3時8分

経産省が27日午後4時時点で示した翌28日の東京電力管内の供給予備率は、午後4時半~5時に最も需給が逼迫し、3・9%にとどまる。午後3~6時は企業や家庭に無理のない範囲で、できる限りの節電を呼びかける。熱中症の危険があるとして、エアコンの使用は控えないように求めた。

節電のため、停止されたエレベーター前に掲示された案内=27日午後3時26分、経産省
節電のため、停止されたエレベーター前に掲示された案内=27日午後3時26分、経産省
節電のため、展示中のライトが一部消された売り場=27日午後2時35分、東京・有楽町のビックカメラ有楽町店
節電のため、展示中のライトが一部消された売り場=27日午後2時35分、東京・有楽町のビックカメラ有楽町店
客の入るフロアや事務所以外のバックヤードの電気を消している東京・新橋駅前の大型施設。電力需給の逼迫を見越し、1週間ほど前から節電に努めている=27日午後5時48分
客の入るフロアや事務所以外のバックヤードの電気を消している東京・新橋駅前の大型施設。電力需給の逼迫を見越し、1週間ほど前から節電に努めている=27日午後5時48分
節電のため、展示中のライトが一部消された売り場=27日午後2時36分、東京・有楽町のビックカメラ有楽町店
節電のため、展示中のライトが一部消された売り場=27日午後2時36分、東京・有楽町のビックカメラ有楽町店
節電のため、照明が落とされた経産省の庁舎内=27日午後3時13分
節電のため、照明が落とされた経産省の庁舎内=27日午後3時13分

会員限定記事会員サービス詳細