宮城・村井知事「率先してマスク外したい」 熱中症予防

屋外ではマスクを外すように呼びかける宮城県の村井嘉浩知事=27日午前、県庁(奥原慎平撮影)
屋外ではマスクを外すように呼びかける宮城県の村井嘉浩知事=27日午前、県庁(奥原慎平撮影)

宮城県の村井嘉浩知事は27日の定例会見で、熱中症予防のため屋外ではマスクを外すように呼びかけた。「習慣付いているので、マスクを外すことに抵抗があると思う。自分から率先して始めたい。県職員にも外を歩くときはマスクを外してもらいたい」と語った。

村井氏は「運動時には忘れずにマスクを外そう。散歩や通勤、通学の際も着用は必要ない。屋内でも人と距離があって、会話をほとんどしない場合は必要ない」と強調した。

屋外でのマスク着用をめぐっては、厚生労働省が熱中症のリスクが高まるため外すよう求めている。

会員限定記事会員サービス詳細