三宅さんIWF理事当選 「クリーンな競技団体に」

三宅宏実さん
三宅宏実さん

国際重量挙げ連盟(IWF)の総会が25日、アルバニアで行われ、2012年ロンドン五輪銀メダリストの三宅宏実さん(36)が理事に当選した。日本協会を通じ「非常に重責を感じております。IWFがクリーンな競技団体となるよう努力します。日本のためにも国際貢献ができるよう尽くしていきたいと思います」とコメントした。

三宅さんは16年リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得。夏季で日本女子最多に並ぶ5大会連続出場となった東京五輪後に引退した。4月にIWFアスリート委員会副委員長に選ばれて日本初の女性理事となっていたが、当初の任期は今年11月までで、長期的活動を視野に役員改選で理事に立候補した。

新会長にはイラク出身のモハンメド・ジャルード氏が選ばれた。IWFではドーピング違反隠蔽や当時の会長による不正会計が明らかになった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細