自転車でひき逃げ疑い、男を逮捕 高齢女性が意識不明

自転車同士の接触事故で高齢女性にけがをさせ、そのまま逃げたとして、大阪府警天満署は26日、道交法違反(ひき逃げ)と重過失傷害の疑いで、大阪市城東区鴫野西、自称飲食店経営、市原直人容疑者(46)を逮捕した。同署によると「事故を起こしたのは自分だが、ひき逃げはしていない」などと容疑を一部否認している。

逮捕容疑は25日午前6時25分ごろ、大阪市北区天満の路上で自転車を運転中、女性(76)=同市都島区=の自転車と接触。女性に頭蓋骨骨折などの重傷を負わせ、そのまま逃げたとしている。女性は意識不明の重体。

同署によると、通行人が110番し、目撃者の話や周囲の防犯カメラの映像から関与が浮上した。

会員限定記事会員サービス詳細