東京・調布市長選は長友氏が6選 多選批判はねのける

調布市長選で6選を喜ぶ長友貴樹氏(中央)=26日午後10時35分、同市布田(長橋和之撮影)
調布市長選で6選を喜ぶ長友貴樹氏(中央)=26日午後10時35分、同市布田(長橋和之撮影)

任期満了に伴う東京都調布市長選は26日に投開票され、無所属現職の長友貴樹氏(69)が、無所属新人で市民団体代表の磯辺隆氏(42)を破り、6選を果たした。投票率は37・74%(前回36・65%)、当日有権者数は19万5140人。

長友氏は同市布田の選挙事務所で支援者らと万歳三唱した。「大々的な選挙戦をやれていない中で、ご理解をこれだけいただけたのは大変ありがたい」と述べ、多選批判については「懸念する声があるのは当然だが、それを払拭できるよう開かれた市政の中で政策の立案と実行に当たり、市民が納得できる形を作っていきたい」と語った。

長友氏は、新型コロナウイルスワクチンの早期接種などを実績として強調。行政のデジタル化などを公約し、支持を固めた。

磯辺氏は、「未来につながる環境先進都市」を掲げ、長友氏の多選を批判したが、及ばなかった。

市議補選(改選数1)も同時に投開票された。

会員限定記事会員サービス詳細