Z34型ニスモに乗って考えた! 「フェアレディZはこのままでいい」

新型日産「フェアレディZ」のデリバリーがまもなく始まるが、その前に、先代モデルの最終型に今尾直樹が試乗。フェアレディZのあるべき姿を考えた。

Zはこのままがいい

まもなく発売となる新型フェアレディZ。その登場を前に、まもなく旧型となるZ34型のニスモに試乗した。ハローの前にグッバイ。さよならだけが人生だ。ひさびさに試乗して、豪快なクルマであることを再確認した。そして「Zはこのままでいい」と、そう思った。

ステアリングも6速マニュアルのギアボックスも、いまどきのクルマとしては重めで、“スパルタン”ということばが浮かんでくる。これは日産のモータースポーツを司どるニスモがチューンした、Zのハードコア・バージョンだから、である。記憶のなかのノーマルZはもうちょっと軽かった。ABC(アクセル、ブレーキ、クラッチ)ペダルもまた然り。クラッチは、腰が浮くほどではないけれど、踏み応えがある。

乗り心地はダンパーがキリリと締め上げられていて、はっきり硬い。ただし、硬めではあるけれど、ガツンと脳に響くようなショックは伝えないし、跳ねるようなこともない。硬さのなかにしなやかさがあり、ボディの剛性感もカッチリしている。

エンジンがいい。いまや貴重な存在の3.7リッターV6自然吸気ユニットは、ボア×ストローク=95.5×86.0mmのショート・ストロークで、最高出力はニスモ独自のチューニングにより、ノーマルより400rpm余分にまわってプラス19psの355ps/7400rpmと、9Nm増しの最大トルク374Nm /5200rpmを発揮する。高回転型なのに、電子制御で可変バルブ・タイミングを備えた現代のエンジンらしく、気むずかしさとはほど遠い。

首都高速の合流で停止しそうなくらい速度を落とし、ギアチェンジしなくちゃ……と、思いつつ、タイミングを逸して4速のままアクセル・ペダルをガバチョと踏み込んだら、ややむずがりながらも、そのまま加速してみせる低速トルクと柔軟性をもっている。

サウンドは朗々としており、3、4速あたりでV6自然吸気ユニットを高回転まで引っ張ってやるとほれぼれする。3000rpmあたりまでは、排気音にギュウウウウウウウウウンッ! という高周波の金属音が混じっている。リッター当たり100ps近い自然吸気の高性能エンジンを駆っている感がある。さらにアクセル・ペダルを踏み込むと、そこからフォオオオオオオオオンッ!という乾いた快音を轟かせる。その際の加速ぶりはロケットのごとくで、痛快、重量物がドッカーンとぶっ飛んでいくかのようだ。

会員限定記事会員サービス詳細