Z34型ニスモに乗って考えた! 「フェアレディZはこのままでいい」

低速でモゾモゾ動いているときは、手かせ、足かせをはめられているような、ままならない感がちょっとある。シンプルに操作系が重めだからだ。ところが、回転計の針が3000rpmを超えて、さらにフォオオオオオオオオオオンッ!という快音を発し始めると、重力のくびきから解き放たれたように軽やかになる。まず重いと感じる。だから、そのあとの軽やかさが際立つ。

100km/h巡航は6速トップで2200rpm。そこから5速に落とす。ヴオンッ!と、「シンクロレブコントロール」がマニュアル・ギアボックスなのに自動的にブリッピングを入れて回転を合わせてくれる。これをお節介だと感じるひとは、シフト・レバーの左上にあるSモードのスイッチを押せば、オフになる。5速ギアだと2800rpmに跳ね上がり、さらに4速ギアに落とすと3500rpmにまで回転を上げる。ボンッ、ボンッ、というエンジンの咆哮が小気味よい。ギアを変えるとエンジンの音が変わる。加速っぷりが変わる。アクセルの開閉によって車体がリニアに反応する。

最近のターボ・エンジンはアクセル・オフしても減速Gが出ないけれど、このクルマは違う。豪快にして痛快、フロントに大排気量の6気筒エンジンを積み、大トルクでもってリアの大地を蹴っ飛ばす。よく調教されているけれど、悍馬である。

Zはこのままがいい。

ブリティッシュ・スポーツカーの伝統をいまに伝えるフェアレディZ

新型400Z(輸出名)は、基本的におなじプラットフォームに、「スカイライン400R」の3.0リッターV6ツイン・ターボを搭載したものだから、おそらく、日産らしい、この味わいは、スタンダード仕様はもうちょっとジェントルであるにしても、基本的にはこのまま引き継がれているだろう。

会員限定記事会員サービス詳細