ひき逃げ疑い、北九州の中学教諭逮捕 酒気帯び容疑も

福岡県警門司署は25日、飲酒運転して軽乗用車と衝突し、相手にけがをさせたのに逃げ去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで、北九州市門司区大里原町の中学校教諭、古川湧大容疑者(25)を逮捕した。「逃げたわけではない」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は、25日午前7時40分ごろ、北九州市門司区の交差点で、酒気帯び状態で車を運転。軽乗用車と衝突し、同市の女性会社員(67)に顔などを打つ軽傷を負わせたが、逃走したとしている。

同署によると、女性が110番し、駆け付けた署員が現場近くで古川容疑者と車を発見した。

市によると、古川容疑者は市立門司中学校の教諭。市教育委員会の古小路忠生教育次長は26日、記者会見で「厳粛に受け止め再発防止を徹底する」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細