岸田首相、物価高でG7結束訴え 経済安保も言及

記念撮影を終え、バイデン米大統領(左から2人目)らと話す岸田首相(奥中央)=26日、ドイツ南部エルマウ(共同)
記念撮影を終え、バイデン米大統領(左から2人目)らと話す岸田首相(奥中央)=26日、ドイツ南部エルマウ(共同)

【エルマウ(ドイツ南部)=田村龍彦】岸田文雄首相は26日午後(日本時間同)、ドイツ南部エルマウで開幕した先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、ロシアのウクライナ侵攻を受けた世界的な物価高騰に関し、G7の結束を訴えた。世界経済に関する討議で、「G7として支援や制裁の結束だけでなく、各国の国民生活を物価高騰から守るための結束も強めなくてはならない」と述べた。

政府関係者が明らかにした。

また、首相は経済安全保障に言及し、同志国間の連携を強化することが不可欠だと強調した。日本として、基幹インフラの安全保障上のリスクを最小限にしていくことなどを重視していると説明した。中国を念頭に、経済的威圧への対応の必要性も主張した。

G7サミットが開幕 金禁輸で対露追加制裁目指す

会員限定記事会員サービス詳細