フォト特集・動画

eスポーツ 「いつでも、どこでも、誰とでも」の魅力

1歳で筋力が衰えていく難病「脊髄性筋萎縮症」と診断され、寝たきりの生活が続く熊本市の西岡伸一郎くん(8)。3歳のとき治療薬の効果で指先の筋力が回復しボタンが押せるようになると、コントローラーを使用したテレビゲームに夢中になった。「ゲームの中では障害は関係ないし、友達もできたよ」。将来の夢はプロeスポーツプレーヤー。「強くなって、自分が憧れたように誰かの目標となる選手になれたらうれしいな」と、はにかんだ =熊本市東区(川口良介撮影)
1歳で筋力が衰えていく難病「脊髄性筋萎縮症」と診断され、寝たきりの生活が続く熊本市の西岡伸一郎くん(8)。3歳のとき治療薬の効果で指先の筋力が回復しボタンが押せるようになると、コントローラーを使用したテレビゲームに夢中になった。「ゲームの中では障害は関係ないし、友達もできたよ」。将来の夢はプロeスポーツプレーヤー。「強くなって、自分が憧れたように誰かの目標となる選手になれたらうれしいな」と、はにかんだ =熊本市東区(川口良介撮影)

いまコンピューターゲームを競技として行う「eスポーツ」が、年齢や性別、障害の有無を超えて多くの人をひきつけている。「いつでも、どこでも、誰とでも競うことができる」。それが、eスポーツならではの魅力だ。

(写真報道局 川口良介)

放課後の教室でコントローラーを握る〝選手〟たち。昨年4月に創部した静岡県沼津市の私立飛龍高校の「eスポーツ部」。副部長の2年、望月春菜さん(16)は「『ゲームして遊んでいるだけでしょ』と言う運動部の友人を『あの時はよくも言ってくれたな』と、全国大会で結果を出して見返したい」と力を込めた =静岡県沼津市(川口良介撮影)
放課後の教室でコントローラーを握る〝選手〟たち。昨年4月に創部した静岡県沼津市の私立飛龍高校の「eスポーツ部」。副部長の2年、望月春菜さん(16)は「『ゲームして遊んでいるだけでしょ』と言う運動部の友人を『あの時はよくも言ってくれたな』と、全国大会で結果を出して見返したい」と力を込めた =静岡県沼津市(川口良介撮影)
モデル業と並行し、プロeスポーツプレーヤーとしても活動するCHUNE(チュネ)さん(29)。「〝ゲーマーモデル〟が私の個性。男性優位のeスポーツの世界で、女性が当たり前に活躍するため先頭を切って活動していきたい」 =東京都中央区(川口良介撮影)
モデル業と並行し、プロeスポーツプレーヤーとしても活動するCHUNE(チュネ)さん(29)。「〝ゲーマーモデル〟が私の個性。男性優位のeスポーツの世界で、女性が当たり前に活躍するため先頭を切って活動していきたい」 =東京都中央区(川口良介撮影)
畳敷きの店内にゲーム用のパソコンが並ぶ、さいたま市の高齢者向けゲーム施設「シルバーeスポーツジム」。指先を動かすことで認知症予防にもつながると人気だ。週2回ほど通う寄木節子さん(81)は「できなかったことができるようになる。何歳になってもそれが一番うれしい」と目を輝かせた =さいたま市大宮区(川口良介撮影)
畳敷きの店内にゲーム用のパソコンが並ぶ、さいたま市の高齢者向けゲーム施設「シルバーeスポーツジム」。指先を動かすことで認知症予防にもつながると人気だ。週2回ほど通う寄木節子さん(81)は「できなかったことができるようになる。何歳になってもそれが一番うれしい」と目を輝かせた =さいたま市大宮区(川口良介撮影)
ギャラリーページで見る

会員限定記事会員サービス詳細