雷や突風、激しい雨に注意 大気不安定、日中気温上昇

6月25日23時現在のひまわり雲画像
6月25日23時現在のひまわり雲画像

西日本から東日本は26日、北日本は27日にかけて大気の状態が不安定になるとして、気象庁は落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意を呼びかけた。ひょうが降る恐れもある。

気象庁によると、日本付近には太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が流れ込んでいる。上空約5500メートル付近に氷点下6度以下の寒気が入り込み、地上付近では気温が上がるため大気の状態が安定しない。

26日は午前中に和歌山県・潮岬で1時間に41・5ミリの激しい雨を観測。熊本県五木村でも24・5ミリの強い雨が降った。

会員限定記事会員サービス詳細