「縄文人」も祝福…世界遺産の遺跡で挙式 函館

垣ノ島遺跡で結婚式を挙げた吉川祐希さん(左)と有紗さん=26日午後、北海道函館市
垣ノ島遺跡で結婚式を挙げた吉川祐希さん(左)と有紗さん=26日午後、北海道函館市

世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の垣ノ島遺跡(函館市)で26日、結婚式が開かれた。登録から7月で1年となるのを前に、観光に活用して盛り上げようと地元企業が企画。縄文服に見立てた衣装を着た参加者らが地元カップルを祝福した。

挙式したのは漁業協同組合職員の吉川祐希さん(27)とアルバイト従業員の有紗さん(24)で、地元でホテルを経営する「新道南温泉」の呼びかけに応じた。

垣ノ島遺跡は特別な形状の土器などが出土し、祭事や儀礼の場があったと考えられている。それぞれタキシードとウエディングドレスを着た2人は青空の下、仮面を着けたシャーマンらが見守る中、結婚指輪を交換。記念品の勾玉(まがたま)のネックレスを受け取った。祐希さんは「良い思い出になった」と笑顔だった。

会員限定記事会員サービス詳細